【1】


そら死ねって言うわ








【2】


やっすい詐欺師やで








【3】


僕は何を見ていたんだろうか








【4】






補足説明(という名の言い訳)】
実は諸平野と町尾さんが知り合いになったところからが夢でした。
町尾さんを殺害した後の裁判で無罪になった諸平野が再び公園に訪れた時、
復讐としてマコちゃんが諸平野を突き落とし、現実と夢を交互に行き来する諸平野の話でした。
ちなみに町尾さんの『警察官になった理由』はあくまで諸平野の夢の中での町尾さんの言葉ですが、
まるで現実のような言葉だったので心に残ってしまったわけです。

最初は『町尾さんと仲良しで楽しい世界』と『トサカトリオとして苦楽のある世界』を
交互に行き来して、どっちが夢でどっちが現実なんだ〜みたいな胡蝶の夢っぽい話にしようと
したのですが、ラストがスッキリしないのでボツになりました。

ここまで読んで下さりありがとうございました!