「何度だって輝けるさ」の表紙でした。